• Essential Management Schoolとは?

     

    エッセンシャル・マネジメント・スクール(EMS)は、100年後、1000年後でも通用する普遍的な実践体系である「本質行動学」を学ぶことができる世界で初めての学校であり、ドラッカー学会から公認を受けている唯一のスクールです。

     

    2019年創設以来、一部上場企業から中小企業の経営者、ビジネスマンから大学教授、世界で活躍されるアーティスト、スポーツ指導者等、2000名以上が修了し、700名以上の修了生を輩出するマネジメントスクールとなっています。

  • Essential Management Schoolとは?

     

    エッセンシャル・マネジメント・スクール(EMS)は、100年後、1000年後でも通用する普遍的な実践体系である「本質行動学」を学ぶことができる世界で初めての学校であり、ドラッカー学会から公認を受けている唯一のスクールです。 

    2019年創設以来、一部上場企業から中小企業の経営者、ビジネスマンから大学教授、世界で活躍されるアーティスト、スポーツ指導者等、2000名以上が修了し、700名以上の修了生を輩出するマネジメントスクールとなっています。

    現在募集中のコースはこちら!!

    broken image

    基礎原理実践コース

    EMS 「本質行動学特論 基礎原理実践コース」

     エッセンシャル・マネジメント・スクール(EMS)は、100年後、1000年後にも残る普遍的なマネジメント「本質行動学」を学ぶ世界ではじめての学校です。EMSはドラッカー学会公認の唯一のスクールであり、2022年ドラッカー学会の学会誌『文明とマネジメント』において「本質行動学」の特集が組まれるなど、本質において社会科学を再構築する学問として大きな注目を集めています。

    broken image

    質的研究法コース

    先の見えないこの世界で、新たな仕事と人生を創造していく本物の「研究力」をその手に

    本物の「研究力」とは課題の本質を掴み、解決を導く「課題解決力」です。

    「研究力」とは自分や組織を「進化させる力」でもあります。

    「研究力」とは、物の見方を変える「概念」や「構造」を自分で作れる力です。

    自分の関心事を体系化したい方。自らの組織の研究をしたい方。

    本や論文を書きたい方、自分の経験を叡智として後世に残したい方におすすめです。

    broken image

    Music of Life School

    安心安全の場で100人100通りの音楽

    このEMS Music of Life School コースでは、プログラムを通してそれぞれが持っている音楽性を解放することで、あなたのライフ(命/人生/生活)の本質を捉え、豊かに彩るあなただけの音楽を生み出すことを目指します。

  • 講座 身体心理学の効能&おすすめの方

    身体原理学/本質行動学を学び、次のような成果を出していきたい方にオススメの寄附講座*になります。

     

    □期間中見放題の動画とライブ授業を通して、「100年使える身体」へとヴァージョンアップすることできるようになり、軽やかに日常を送れるようになります。

    身体運用の根本を変えることでスポーツの各分野のパフォーマンスを大きく底上げできます。

    □マネジメントを行う起点となる身体が軽やかになることで、仕事や組織のマネジメントもヴァージョンアップされます。

    *書籍の作成と重ね合わせた寄附講座となるため講師料が発生しないことでリーズナブルにご参加いただけます。

  • 身体思想✖️本質行動学=身体原理学

    ダイジェスト動画

  • 続々と各界からの推薦!

    各分野の専門家の方々も参加されます!

    broken image

    宮 海彦(元シルクドゥソレイユ、Umi Fit、役者、農タメ)

    「世界最高峰のシルクドゥソレイユでは日々最高のパフォーマンスをするために技を磨くのはもちろん、ケガの予防、メンテナンスには誰もが気を配っています。ですが方条さんに出会い、もっと早く知っておきたかったと思うことがいくつもあります。アスリートだけでなく身体は誰にとっても一生の大切なパートナー。その扱い方を知れば人生の楽しみ方がさらに増え、生きる悦びとなると思います。」

     

    broken image

    石原 孝尚(INAC神戸監督として世界大会を含む四冠達成、現在湘南ベルマーレU15ガールズ監督)

    「スポーツの指導は『鍛える』『強くなる』ことが中心ですが、方条さんに出逢い、『自然体』でプレーする選手たちの説明ができるようになりました。ハイパフォーマンスの選手は方条さんが言うところの『脱力』のうまい選手たちです。動きにもプレーにも、そして考えにも『無駄』がない。相手の力ですら利用してしまう『考え方、あり方』が『一体』となった原理が学べると今から楽しみです。」

    broken image

    澤田智洋(世界ゆるスポーツ協会・コピーライター)

    「方条さんは身体で考える達人で、その後、腹落ちした結論を頭の方へと上げていき(腹落ちならぬ頭上)、今度は頭で概念化したり体系化をする。身体と頭で「二度つづ考えられている」。だからこそ、そうして生み出された「原理」は芯を食っていて、揺るぎない強度があります。このコースでは、それを、本質行動学という普遍的な理論を体系化された西條さんが、さらに構造化されるということで、とても楽しみにしています。」

     

    broken image

    本間正人(京都芸術大学客員教授、NPO学習学協会 代表理事)

    「歩く時に、階段を登る時に、物を持ち上げる時に、重力を意識している人はほとんどいないはず。方条遼雨氏はその一挙手一投足を精妙に意識し、その体験を味わうことで、人生のあらゆる瞬間に自己変容を続けている稀有な人物です。その天地の自然の理を、図解、構造化する再現可能性を高める試みは、アスリートのみならず、経営者やビジネスパーソン、「100年使える身体」を求めるすべての人にとって、きわめて有効な一つの道になると確信しています。」

    broken image

    田口ランディ(作家)

    「方条遼雨という人が、面白すぎる。彼は「身体の省エネ対策」と「緩んだ身体がいかに効率的か」を教えてくれる。身体に緊張があるとムダな力を使っているため、本来の力が出せない。緊張を緩めたほうが大きなエネルギーを使うことができる。また、あちこちに緊張した部分を抱えていると、それが痛みや、しいては病気の原因になる。人間は緊張によってエネルギーをムダに消費していると。」

     

    broken image

    中井信之(ポージングディレクター/本質しぐさ学)

    「名著『上達論』『身体は考える』を、方条さんの実際の動きから学べるまたとない機会であり、本質行動学では、‘それ’を外したら上手く行かなくなるという原理原則を学ぶ。方条さんの身体思想の実践をされてきた西條さんが、どんな‘それ’を体験されたのか、そしてその理論化が楽しみすぎる講座です。」

     

  • 甲野善紀氏(武術研究者) 推薦

    broken image

    私との共著『上達論』『身体は考える』の著者でもある方条遼雨氏は異能かつ独自の価値観を持つ人物である。そのことは、常に裸足で居ること、書物や雑誌、映像などに顔や本名を出すことを好まない事からも感じられるだろう。ただ、話をしてみればスグに判ると思うが、方条氏ほど言うことに筋が通っていて、常識を弁えている人物も珍しいと思うほどで、方条氏は、物事を原理から探究することで、現在一般化しているが、決して有効ではないどころか、マイナスにしかならないと思われるトレーニング法や指導法による弊害から、多く人が脱却出来る方法を世間に広く提示している人物でもある。この講座を通して、武道やスポーツに限らず、ビジネスやマネジメント、人文社会科学の研究分野においても、いままでは思いもよらなかった世界が拓かれることを心から願ってやまない。

  • 講師 方条遼雨氏のプロフィールとコメント

    broken image

    方条 遼雨 プロフィール

    天根流(あまねりゅう)代表。身体思想家/心体カウンセラー/玄武術家

    甲野善紀、中島章夫に武術を学ぶ。両師の術理に独自の発見を加え、日本古来の古武術を独自のスタイルで探求。一流のアスリートや格闘家からも一目置かれる日本有数の武術家。「実戦合気道選手権」無差別級優勝、総合優勝者に勝利する実力を有しながらも、わかりやすい指導に定評がある。エッセンシャル・マネジメント・スクール(EMS)の講師、顧問も務め、提唱する理論を元に組織・ビジネス・政治・芸術・体育など分野を問わないアドバイザーとしても活躍している。著書に『上達論 』 、『身体は考える 

     

    方条氏からのコメント

    今回、西條剛央さんが私の身体技法を図式・構造化して下さる事になりました。

    西條さんは「本質行動学」という学問を1から立ち上げた人であると同時に「感覚の人」です。言い換えると西條さんは、豊かな感性を持つ身体に、最高レベルの「学術的思考」という衣をまとっているのです。

    感覚世界に軸足を置く身体技法を、限界までとらえやすく構造化してみようという初の試みに、西條さん以上に適したパートナーを私は知りません。私自身、この講座の展開をとても楽しみにしております。

  • 講師 西條剛央プロフィール

    Essential Management School代表 

    broken image

    EMS代表西條 剛央

    博士(人間科学)。Essential Management Schoolの代表理事、本質行動学アカデメイア(代表取締役)を務める。若手研究者の登竜門といわれる日本学術振興会特別研究員DCおよびPDを経て、最年少で早稲田大学大学院(MBA)専任講師、客員准教授を歴任。

     

    2011年の東日本大震災に際して、「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を立ち上げ、独自に体系化した構造構成主義(本質行動学)をもとに3000箇所以上の避難所、仮設住宅群を支援した「物資支援プロジェクト」、15000世帯以上に家電を贈る「家電プロジェクト」、1000名以上の被災者の重機免許取得をサポートする「重機免許プロジェクト」など50のプロジェクトからなる日本最大級の総合支援ボランティア組織に育てあげる。2014年、哲学に基づいて未曾有の災害に対応した功績が認められ、Prix Ars Electronicaのコミュニティ部門において、ウィキペディア等が受賞した最優秀賞(ゴールデン・ニカ)を日本人として初受賞。「ベストチームオブザイヤー2014」「最優秀グッド減災賞」「NPOの社会課題解決を支えるICTサービス大賞」受賞。著書に『構造構成主義とは何か』(北大路書房)

    質的研究とは何か』(新曜社)
    人を助けるすんごい仕組み』(ダイヤモンド社)
    チームの力』(筑摩書房)

    クライシスマネジメントの本質: 本質行動学による3.11 大川小学校事故の研究』(山川出版社 )など。

     

  • 「100人100通り」の自由な学習スタイル・参加方法

    *毎回リフレクション(レポートや実践動画のアップ)を書き修了を目指す方や、一人で動画を見て実践していきたいという方まで100人100通りの学びが可能な自由度の高いコースになります。

    *朝のライブ授業への参加は必須ではなく、各自、授業動画をみて自由な時間に自由なスタイルで学び、日々の生活の中で練習していくことができます。

    講師との質疑応答を通してさらに学びを深めたい方は朝7時からの「ライブ授業」だけでなく、夜20時からの「ライブ振り返り対話会」とベースとする時間帯を選ぶことができ、双方への参加も可能なため最大8回ご参加いただけます。

    *さらに参加者を募って自主対話会を企画することを推奨しており、自分でコースをコーディネートできます。

    *修了を前提としたコースではありませんが、全4回のリフレクション(各回300字以上の感想や気づきや実践に関するレポートor「やってみた」実践動画)提出者の方には本コースの修了証(電子ファイル形式)を授与します。修了レポートはありません。 

     

  • 朝7時からの「ライブ授業」(メイン)

    * ライブ授業では両講師による講義、参加者の学びや実践シェア、講師との質疑応答により学びを深めます。
    *朝7時からのライブ授業に参加は任意です。都合の良い時間に自由に動画を見て学ぶことができます。
    *ライブ授業にはワークや対話の時間がありますが、画面をオフにして耳だけでもご参加いただけます。

     

    夜20時からの「ライブ振り返り対話会」(サブ)

    *夜の部をご希望の方は、ライブ授業の2週間後の火曜日20:00-21:00に「ライブ振り返り対話会」があり講師との質疑応答もありますので、こちらをベースに受講することはできます。

    *こちらでは、西條によるパワーポイントを使った図解や説明は行いませんので、事前にライブ授業の動画をご視聴の上ご参加ください。

    *朝のライブ授業に出られた方が中間発表的に実践をシェアする場としてもご活用いただけます。

     

    共通

    *規定時間を超えて30分程度延長する可能性がありますが、こちらも参加は任意です。
    *各回のタイトルやスケジュールは仮のものであり、変更になる可能性があります。
    1

    第1回

    2024年1月16日(火)

    朝AM07:00-08:30

    ・原理から考えるとは?

    ・重心移動の原理

    ・継続と習慣化の原理

     

    「乗り物に乗るように歩く」

    「軽やかに走る」

    「スイスイと階段登る」

     

    1月30日(火)

    夜PM20:00-21:00
    ライブ振り返り対話会
    (実践シェア/質疑応答)

     

    2

    第2回

    2024年2月13日(火)

    朝AM07:00-08:30

    ・超脱力の原理

    ・全焦点・無焦点の原理

     

    「やさしく全体で持ち上げる」

    「ラクに長時間抱っこする」

    「さらに効率的に力を伝える」


    2月20日*(火)

    夜PM20:00-21:00
    ライブ振り返り対話会

    (実践シェア/質疑応答)

    *この回はライブ授業から1週間後になります

    3

    第3回

    2024年3月12日(火)

    朝AM07:00-08:30

    ・道具使用の原理

    ・分散拡散の原理 

     

    「身体各部のモニタリング法」

    「認識して気にしない練習」

     

     

    3月26日(火)

    夜PM20:00-21:00
    ライブ振り返り対話会

    (実践シェア/質疑応答)

    4

    第4回

    2024年4月9日(火)

    朝AM07:00-08:30

    ・応用の原理

    ・回復の原理

     

    「やってみた実践報告」

    「ベスト実践を多数表彰」

    「修了証書授与」

     

    4月23日(火)

    夜PM20:00-21:00
    ライブ振り返り対話会

    (実践シェア/質疑応答)

  • 一度限りの寄付講座開講!

    身体思想×本質行動学=身体原理学

    EMS代表/講師 西條剛央よりみなさまへのメッセージ  

    師である甲野善紀氏とともに『上達論』『身体は考える』を公刊した方条遼雨氏は、「身体と心はそもそも一つのもの」とする身体思想家であり、古武術の達人でもあり、その実効性と汎用性を備えた原理的な身体術は、一流のアスリートやプロリーグの指導者も驚愕する次元にあります。

     

    私は、人生の折り返し地点にさしかかり、「これまでの最大出力により犠牲をいとわずに最大成果を上げるやり方では長生きできない」と感じていた頃、方条氏とご縁をいただきました。

     

    その際「最小出力により最大の成果を上げる方条流こそ100年使える身体になるために必要だ」と直観し、個人レッスンを受け続けて2年以上が経過し、日々の暮らしの中で意識することで、次第に身体や動き方の根本が変わってきているのを感じています

     

    私は、以前は歩くのは無駄と思っていたのですが、方条さんに軽やかに走るためのさまざまな「視点」を与えていただいたことで、一歩一歩にフィードバックと手応えを得られるようになり、自然と走るのが楽しくなっていきました。そしてスカスカと足に負荷がかからない走り方が身につくと、疲れずに10km走れるようになりました。階段を上るのもしんどくて嫌いだったのですが質が向上するほど軽やかに上れるようになっていくため積極的に階段を使うようになりました。気づけばMAXを更新し続けていた体重も5kgほど減っていました。

     

    先日、娘をディズニーランドに連れて行った際に、そういうところでは真っ先に疲れて一人で休んでいるタイプだったのですが、方条流を駆使することによって、丸一日娘を抱っこして歩いたり、並んだりしても平気になりました。

     

    そして身体が変わると、仕事やマネジメントにおいても「手応え」を求めなくなっていき、無理なく楽に成果を上げられるようになってきました

     

    このように方条さんは、身体感覚と口伝を通して、身体の運用システムごと変える視点を与えてくれることで、パフォーマンスを底上げしてくれます。

     

    しかし、方条さんのクラスや稽古会に通えない方もたくさんいます。また世間に顔出しをしていないこともあり、方条さんの動画も残されておらず、繰り返し動きを見返したり、復習したりすることができません。

     

    私は、方条さんが練り上げてきた身体術は後世に残すべき叡智と考えています。そこで、今回、方条さんの動きを動画に収め、ご自身で解説していただくと同時に、私の理論構築という強みを活かして、図解し、客観的に説明し、「身体原理学」という学問として体系化する試みを考案しました。

     

    そして、この度、それを書籍化*する機会と重ね合わせることにより、講師に対する謝礼が無い代わりに、リーズナブルな価格で参加していただくことのできる一度限りの寄付講座開催できる運びとなりました。

     

    この一度限りの寄附講座には、身体やスポーツといった各分野を代表される方々も参加表明をいただいております。この貴重な機会をぜひご活用いただき、「100年使える身体と習慣」を手に入れてください。

     

    エッセンシャル・マネジメント・スクール代表 西條剛央

     

    *書籍において動画やリフレクションにおける具体的な実践例など紹介させていただいた方には、書籍のあとがきの謝辞欄に掲載させていただきます。

     

  • 出願期間

    本講座の応募は締め切りとさせていただきました 。

    たくさんのお申し込みをいただき本当に有難うございました。

  • 参加費

    ●一般価格 59,800円(税抜価格54,364円) 

    ●特別価格 39,800円(税抜価格36,182円) 

    ※特別価格は、EMSi Fellow(EMSの修了生コミュニティ会員)等

     

    ・参加費に含まれるもの

    ①期間中の全動画視聴、②ライブ授業参加、③ライブ振り返り対話会参加、④リフレクションシェアシステム「スクールタクト」使用料、⑤配布資料の共有、⑥Zoom使用、⑦修了者への修了証(電子ファイル形式)

     

    *講座期間中、各地で開催される方条遼雨さんのクラスに参加してリアルにフィードバックをもらうことができるよう随時案内させていただきますが、こちらは別途参加費が必要です。

  • よくある質問

    寄せられた質問にお答えします。

  • さらに詳しい講座内容については

    以下をご覧ください。

     

    本講座で用いる主な原理と理論

    身体思想と本質行動学の諸原理を活用することで、不可能を可能にする理路を拓きます

    broken image
    broken image
    broken image
  •  

    原理と図解による説明例

    方条遼雨氏の開発した運用方法を、本質行動学の原理によって説明することで追認可能性と再現性を高める一例を示します

    broken image

    ☜通常の「歩行」は理に適っていないため効率が悪く重く感じる

    歩くという行為は誰もが同じように歩いているため「自然歩行」であり、それ以外はないと思い込んでいるが、実は重力を考慮していない非効率な歩き方になっている

    broken image

    方条流浮き歩き/浮き走りは、重力や移動の原理を考慮し、最も効率的な推進を可能に👉

    様々なポイントを工夫することで、状況と目的、身体構造に適った合理的な歩き方、スムースな走り方ができるようになり、長距離徒歩で移動したくなる身体になります。

  • 本コースの目的

    この講座では、下記の身体に関する「10の問い」を参加者自身が考える機会を作り、コースを通して自らの身体運用の質を向上させることができる身体にヴァージョンアップしていくことを目的としています。

     

    <晩年まで身体運用を質的に向上させる視点>

    □あなたは歩く、走る、立つ、座る、触れる、持つ、運ぶ、抱っこする、道具を使うといった日常の行為について質的な探求、向上していくための「視点」をどの程度の種類持っていますか?

    □あなたは筋力に頼らずに、晩年まで身体を壊すことなくパフォーマンスを向上させるための視点となる原理や方法をどの程度持っていますか? 

     

    <理想と課題の把握>

    □あなたの身体の理想はどのようなもので、それをどのように実現していけば良いかをどの程度認識されていますか?

    □あなたは身体のセルフマネジメント上の課題をどの程度明晰に把握されていますか?

     

    <身体との対話によるモニタリングと身体の統合>

    □あなたは身体と頭と心が一致している「統合感」はどの程度感じられますか?(頭と心が望んでいることが分離、矛盾することで望ましい行動ができないことはありますか?)

    □あなたは身体の各部にどの程度の頻度で耳を傾け、対話し、細やかにモニタリングできていますか?(身体の声に耳を傾ける感覚はどの程度持っていますか?身体の違和感や痛みを無視したり、無理したりしていませんか?)

     

    <本質によるポテンシャル発揮>

    □あなたは身体のポテンシャルをどの程度発揮できていると感じていますか? 

    □あなたは本質を抑えることで、身体運用の水準が飛躍的に向上させることができるという認識をどの程度持っていますか?(例えば、あなたは移動の本質を押さえていますか?何種類の移動の手段を知っていますか?)

     

    <軽やかさと脱力>
    □あなたは軽やかな身体で日々の生活を送れている感覚をどの程度持てていますか?(例えば、日常生活で負荷感なく軽やかに歩いたり走ったりしたいと思えるのは何Kmぐらいですか?階段や坂を登る際に体が重い、しんどいとどの程度感じますか?)

    □あなたは日常の暮らしの中で、あるいは運動する際に、本当に必要な力以外を徹底的にオフにする「脱力」をどの程度意識していますか?「この行為を成立させるのに不要だったな」と思う力みや動きを大きな塊ごと解除できたという感覚をどの程度持ったことがありますか? 

  • 教科書/テキスト

    方条遼雨・甲野善紀『上達論』『身体は考える』・西條剛央『チームの力』

    broken image
    broken image
    broken image

    『チームの力』

    本質行動学で扱う「人間の原理」「価値の原理」「方法の原理」の3つの原理が、東日本大震災後、日本最大級の総合支援ボランティアプロジェクトの実践を元に解説されています。このコースの予習としてもご一読をお勧めします。

     

    一人の人間にできることは限られている。でも、チームを作れば“巨人”にもなれる。チーム作りとは希望を作ることでもあるのだ。「日本最大級の支援プロジェクト」を運営した著者が、独自のメタ理論をベースに説く、チームのための新しい組織論。チーム作り、リーダーシップ論、戦略の立て方、モチベーションを引き出す極意、トラブル解消法など、チームの力を最大限に伸ばす原理と方法を明らかにする。

     

  • broken image

    『本質行動学ーEssential Management School公式テキスト 西條剛央 論文集 第1版』

     

    さらに本質行動学をしっかり学びたい方は、公式テキスト(定価税込3,850円)を下記の詳細リンク先より御購入ください。

     

    【EMS公式テキスト内容】
    A4、406ページ、2022年5月1日刊行

     

  • オプション

    さらに身体運用の質を向上させていきたい方は各地で開催される方条遼雨氏のクラスで直接フィードバックをもらったり、西條剛央のEMSオンラインゼミで西條剛央氏から直接本質行動学を学ぶことで「継続と習慣化」を強化することもできます。